本文へジャンプ
  1. トップページ
  2. しばいぬ情報局
  3. 柴犬と暮らす

子犬を迎える準備

可愛い子犬を迎えたら「楽しいだろうな、癒されるだろうな」と、わくわくしていることと思います。
犬と一緒に暮らすことはとても大きな喜びと感動を与えてくれる一方、大変なことも同じくらいあるのです。
犬も命ある生物ですから、小さくて可愛い子犬もやがて大きくなり年老いていきます。元気なときもあれば、病気になったり怪我をすることもあるかもしれません。ごはんを食べればウンチもオシッコもします。ただ可愛いだけのお人形ではないのです。

人と犬が共に生活していく上で、お互いがより楽しく快適に暮らせるようにする為に「しつけ」が必要であり、公共の生活環境を守る為に「マナー」が存在します。犬は自分から「マナーを守らなくちゃ」とは考えません。結局は家族(飼い主)のマナー次第ということになります。ですが、残念なことにマナーを守れない一部の人たちのために、多くのペットが悪く見られたり、犬嫌いの人を増やす原因にもなっています。

これから子犬を購入しようと思っている方には、家族の一員として迎え入れ、愛情と責任を持ってその命を全うするまで共に暮らす心構えを持っていただきたいと心から願っています。

ここでは、しつけの基本とマナーについて考えてみたいと思います。マナーを守るには、しつけを含め、一緒に暮らすペットの習性、性格を考えることも必要になるはずです。
これから子犬を迎え入れようと考えている方も、既に犬と暮らしている方も今一度ご覧頂き、これからの愛犬との生活に役立てていただければと思います。

犬を飼う前に考えてほしいこと

「毎日の生活に癒しをとりいれたい」「子供の情操教育に役立ちそう」「自宅を新築したから」などなど、犬を飼おうと思ったきっかけは人それぞれでしょう。しかし、飼い始める前にもう一度次のことを考えて、後々「こんなはずじゃなかった」と後悔することのないよう、本当に犬が飼える環境にあるかどうかご家族できちんと話し合ってみてください。

犬を飼う前に考えてほしいこと

犬に関する法律とマナー

ペットとの生活は、素晴らしいものですが、飼い主としての責任や義務も発生します。それは、人と動物の共生を実現する上で不可欠な事です。飼い主の責任については、様々な法律や条例で規制されています。

犬に関する法律とマナー

このページの先頭へ