本文へジャンプ
  1. トップページ
  2. しばいぬ情報局
  3. 柴犬と暮らす
  4. 犬を飼う前に考えてほしいこと

子犬を迎える準備

犬を飼う前に考えてほしいこと

「毎日の生活に癒しをとりいれたい」「子供の情操教育に役立ちそう」「自宅を新築したから」などなど、犬を飼おうと思ったきっかけは人それぞれでしょう。しかし、飼い始める前にもう一度次のことを考えて、後々「こんなはずじゃなかった」と後悔することのないよう、本当に犬が飼える環境にあるかどうかご家族できちんと話し合ってみてください。

ご家族は全員犬を飼うことに賛成していますか?
子犬を迎えるということは、新しい家族が増えるということです。犬にとって一番良いのは、家族全員から喜んで迎え入れられることです。ご家族の中に犬を飼うことに反対する人がいたら、よく話し合って同意を得られるようにしましょう。
また、家族の中にアレルギー疾患を持っている人がいる場合、動物に対するアレルギーが疑われる場合もよく検討する必要があります。
このページの先頭へ
あなたの家は犬が飼える環境ですか?
マンションなどの集合住宅にお住まいの方、あなたのマンションはペットを飼うことが認められていますか?ペット可のマンションでもサイズや飼育数の規制がある場合があります。ペットの飼育に関する規約をきちんと確認しましょう。
また、引越しのために里親を募集しますという記事を掲示板などで目にすることがありますが、犬は最初から10年以上生きるとわかっているのですから、あまりに身勝手と言わざるを得ません。将来にわたって引越しの可能性を十分に検討する必要があります。
このページの先頭へ
何の為に犬を飼うのですか?
「子供の情操教育のために」とか「番犬として犬がほしい」と言われる方がおられます。
確かに動物に愛情を持ち心を注ぐことは他者を思いやるという心を育てるでしょうし、世話をすることを通じて責任感を感じることが出来るでしょう。でも子供に買い与えるだけでは逆効果にもなりかねません。飼い主としてきちんと世話をしなかったり、散歩でトイレの始末をしない、というような親の姿を見ると「生物を粗末に扱ってもいいんだ」「見られていなければマナーを守らなくても良いんだ」というメッセージを子供に与えることになってしまいます。
番犬として役に立つかといわれれば、確かに「犬がいる」というだけで犯罪の抑止力にはなるかもしれません。吠える犬ならなおさらでしょう。ですが、凶悪な犯罪者に対して命の保障が出来るでしょうか。人が通るたびに吠えていれば近所迷惑にならないでしょうか。ただの通行人と犯罪者を見分けて吠えるようにしつけることが果たして可能でしょうか。
犬は生物ですから食事も与えなければいけませんし、散歩や他の世話も必要です。それならば、防犯カメラやセンサーライトなど、警備会社のシステムを利用するほうが維持費や手間、効果面でも有効ではないでしょうか。
情操教育も番犬としての役目も、あくまでも結果としてやってくるものです。家族の一員として愛情を持って子犬を迎えてあげてほしいと思っています。
このページの先頭へ
忙しい中でもお世話をすることが出来ますか?
子犬のうちは、すぐにトイレを覚えられなくていろいろな場所を汚してしまいます。してもいい事と悪いことがわかるまでは何でも噛んでしまいます。遊んでほしくて、寂しくてキャンキャン鳴く事もあるでしょう。
毎日散歩に行く必要があります。ブラッシングやシャンプーをしてあげないと不潔になって皮膚病になってしまうかもしれません。季節の変わり目には特にたくさんの毛が抜けます。
人間と同じように病気になったり怪我をすることもあります。人間よりもずっと早く年を取り、年をとれば体も弱り痴呆になったりもします。
犬は自分で散歩に行くことも、病院にいくこともできません。汚れたトイレを片付けることも出来ません。子犬は良いことも悪いことも知りません、あなたが一つずつ教えてあげないと何もわからないままわがまま放題に育ってしまいます。
犬は飼い主を選ぶことが出来ません。自分の存在を、その命を飼い主に委ねていることを忘れないでください。家族の一員として迎える以上、たとえ自分自身が忙しくとも正しく飼育し、社会に迷惑をかけないようきちんとしつける責任と義務が飼い主にはあるのです。
このページの先頭へ
犬を飼うにはお金がかかることを知っていますか?
柴犬は比較的お金のかからない犬種だと思います。比較的丈夫であること、短毛種のため特別なトリミングが必要ないことなどがその理由に挙げられます。体もそんなに大きくないので食費なども大型犬に比べれば少ないですが、それでも意外とお金がかかるものです。
子犬の購入にかかる費用はもちろん、毎年必要になる諸経費もきちんと準備しておくようにしましょう。人間でも月々の食費や医療費が異なるように、犬によってかかる費用に幅はありますが、以下に大まかな目安を挙げておきます。
リスト子犬の購入代金
リスト生活用品、犬用グッズ 20,000~40,000円
  (ケージ・サークル・トイレ用品・食器・首輪・リード・グルーミング用品など)
リスト蓄犬登録費用 3,000円
リスト狂犬病予防注射 3,000円程度
リスト混合ワクチン接種 6,000~9,000円×2回
以上が子犬購入及びそれに付随して必要な費用の目安となります。
リスト餌・おやつ代 36,000円~
リストペットシーツ 12,000円~
リスト狂犬病予防注射 3,000円程度
リスト混合ワクチン接種 6,000~9,000円程度
リストフィラリア予防薬 10,000円程度
リストノミ・ダニ予防薬 12,000円程度
リスト健康診断費用 5,000円程度
以上が飼い始めてから毎年定期的にかかる費用の目安となります。
これ以外にも、犬には健康保険がないため、病気やケガをすれば治療費は全額飼い主の負担になります。人間に比べ高額なことが多いので、その費用も考慮して下さい。自分でシャンプーや爪切りをする場合は不要ですが、獣医さんやサロンでお願いする場合にはそれらの費用もかかります。旅行などでペットホテルに預ける場合や、こまごまとした消耗品代なども考えておいてください。
用品類に関しては各家庭の飼育環境によって必要であったりそうでなかったり、食費に関しても与えるフードによって、医療費についても診療所によってかかる費用もまちまちですので一概には言えませんが、おおよそこれくらいの出費は必要なんだと参考程度に見ていただければと思います。
このページの先頭へ
犬の寿命をしっていますか?
柴犬の寿命は平均15年ほどで、人間に換算すると80才くらいといわれています。もちろんもっと長生きする子もたくさんいます。
飼い主であるあなたは10年、15年後どんな人生を送っているでしょうか?転勤でお引越しはありませんか?小さかったお子さんも受験、就職そして結婚、独立。今とはすっかりライフスタイルも変わっていることでしょう。そのとき犬のお世話をしているのは誰でしょうか?もしかしたら元気だったわんちゃんもすっかり年老いて寝たきりになり、通院や介護が必要になっているかもしれません。
ライフスタイルが変わったからといって、自分も年老いてきたからといって犬を手放すことは出来ません。最後の最後まで、しっかりと愛犬の世話をする覚悟を持ってください。
このページの先頭へ